Incident+Accident/ 事故情報の登録・現状把握

(リスク)アセスメントとは

リスクアセスメントとは、リスクの大きさを評価し、そのリスクが許容できるか否かを決定する全体的なプロセスのことです。
具体的には、リスク分析により明確化されたリスク因子に基づき、

  • リスク因子により組織の財務 基盤にどのような悪影響を 及ぼしうるかの評価
  • それにより、どのリスク因子 を優先的に対処していくか の優先順位決定
  • リスク対処のコストパフォー マンスを、上述の財務基盤 への影響度も絡めて分析評 価し、再検討

と言った手順を取ります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Incident+Accident

インシデント(ヒヤリ・ハット)や事故情報をデータ化し、可能性を多角的に検証することで、再発させないという選択

お客様のご入居を検討する際に、アセスメント情報からお客様の持つリスクを想定します。ご入居が確定した場合には個別の登録を行い、これをもとに介護サービスを行います。ご入居の時点で明確化しているインシデント(ヒヤリ・ハット)や事故情報を把握することにより、ご入居後に重大なアクシデントへの発展を予防するリスク対策が可能です。
さらにG-RISK独自の危険度レベルの比較表をもとに、アクシデントの発生確率や発生した場合の影響などをランク付けして算定することで、施設全体の持つリスクを視覚的に把握できます。これにより職員がお客様ひとりひとりのリスクを把握して、介護サービスを行うことで事故の予防に繋がります。

ご入居時のリスクアセスメント登録

お客様のご入居時に、身体状況などに合わせたアセスメント情報を入力し、リスクへとつながる事故情報やインシデント(ヒヤリ・ハット)を特定することが可能になります。これにより、アクシデントの回避やケアプランの作成などに有効活用することができます。

リスク分析

G-RISKではアセスメント登録したリスク情報をもとに、アクシデントの発生確率や発生した場合の影響などを、算定することができます。算定されたリスク指数は、数量などではなくランク付けによる把握ができます、リスク基準と照らし合わせることでリスク評価を導き出し、簡単にリスク分析を行うことができます。さらにリスクレベル別で詳細一覧を閲覧できます。

リスク一覧

リスク分析された内容をご入居予定・入居中・ショートステイなどを区分別に表示し、閲覧したいお客様の情報を指定しエクセル出力ができます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ご質問・資料請求はこちらから