G-RISK活用の流れ

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1

ご購入時のリスクアセスメント登録

お客様のご入居時に、リスクアセスメントを「G-RISK」に登録。ご入居後、事故が起こりそうな可能性を考慮しリスク対策を選定します。


2

リスク対策に応じての介護サービス

職員がお客様個別のリスクを把握して、介護サービスが行えるので事故の予防に繋がります。


3

事故・インシデントの発生

介護サービス中に転倒などが発生。リスク対策により、リスクマニュアルに沿って行動することで、迅速に対応することができます。


4

リスクマネジメント

事前に決められた書道対応として、事故報告書または、インシデント報告書に記録・入力します。必要に応じて、その報告書をご家族や行政などに提出することもできます。


5

インシデント事故の分析

インシデント・事故を分析した結果をもとに、新たな予防対策(リスクマネジメント)を検討します。


6

リスクマネジメントの強化

事故を未然に防ぐ予防策を施設全体で強化・改善していきます。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
ご質問・資料請求はこちらから