E式ってなに?

障害者自立支援法とは

  • 障害者の福祉サービスを「一元化」
  • 障害者がもっと「働ける社会」に
  • 地域の限られた社会資源を活用できるように「規制緩和」
  • 公平なサービス利用のための「手続きや基準の透明化、明 確化」
  • 増大する福祉サービス等の費用を皆で負担し支え合う仕 組みの強化

などを主なねらいとした障害者の福祉サービスを一元化し、保護から自立に向けた支援をする法律です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

E式とは

E式のイメージ

エイデル研究所とアルファシステムが共同開発した『E式考課・昇給管理システム』は、「“コンサルティング”+“運営・管理ソフトウェア”+“運用支援”」三位一体の体制で、これからの社会福祉法人・施設経営のとって欠かせない健全で効率的な経営改革「トータル人事管理システムの導入と運用」を強力にサポートするシステムです。

経営改善・改革を推進する社会福祉法人・施設へのご支援をお約束します。

開発の背景

介護保険制度の抜本的見直しや障害者自立支援法の施行、保育制度改革の推進、人材難等、社会福祉法人・施設を取り巻く環境は急速な変化の渦中にあります。

規制緩和に伴う競争の激化や報酬単価抑制による収支構造の逼迫等、個別法人・施設としては、現状を直視し、将来を見据えた経営基盤の強化を急がなければなりません。意識・体質転換のために人事管理制度の見直しは不可欠の課題であり、これからの「福祉経営」にとって人件費の適正化も避けて通れない課題です。

報酬単価が抑制される中で、有能人材を確保し、定着とモチベーションを高めながら人件費の適正化をどう解決するのか。これまでの年功序列の人事処遇体系の見直しを図り、”頑張った職員”を適正に評価・処遇しながら、総枠人件費管理を行うことが必要となって参りました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ご質問・資料請求はこちらから