機能3:サンプル 食事介助の場合

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

SAMPLE1 食事介助の場合

介護コンサルティングチームが、長年のノウハウを結集し考案した22項目のケアカードは、介護シーンにおけるあらゆるシチュエーションをシミュレートしています。各プロセス画面をチェックするごとにページが進み、正しい介護プロセスへとスタッフを誘導しますので、適切な介護サービスが実現します。


ケアカード一覧画面から、食事の項目を選択します。


食事の種類を選択し入力します。


食事介助を行った場所を入力します。


普通食やかゆ職など、主食を選択します。


主食をどれだけ食べられたかを入力します。


つぎに副食の内容を選択します。


次にデザートの内容を選択します。


食事全体の摂取量から、食欲の状態を入力します。


食事介助時のご機嫌の状況を選択し入力します。


状態に変化などあれば、「経過観察」の項目にチェックを入れ、内容尾を入力し、申し送ります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
ご質問・資料請求はこちらから